医療事務の職業に就きたい|通信講座でも充分学べる

転職等に有利な資格

男女

人事総務系に有利な資格

今日、雇用状況は概ね良好で、有効求人倍率も上昇傾向にありますが、昔も今も変わらず、資格取得を志す人は多くいます。資格には様々なものがありますが、中でも人気なのが社会保険労務士です。社会保険労務士は労働基準法など労働関係法令、社会保険関係法令、そして人事労務の専門家としての国家資格です。社会保険労務士に合格した場合には、単に独立開業できるだけでなく、企業の人事や総務部門への転職に有利に働くというメリットがあります。労働法令や社会保険関係法令の専門的知識は、OJTや社内研修ではなかなか習得できない為、それらの知識に精通しているということは、企業にとって採用のメリットがあるからです。今では資格の専門学校などでは社会保険労務士講座が多く開講されており、多くの受講生を集めております。

試験勉強の方法

社会保険労務士試験は年一回、毎年8月に実施されます。社会保険労務士は労働基準法、労働者災害保険法、雇用保険法など試験範囲となる法律の数が多いので、試験勉強をするにあたっては、独学よりも資格の専門学校などで社会保険労務士講座を受講することが一般的となっております。社会保険労務士講座には、大きくは通学講座と通信講座があります。一般的には通学講座を受ける人が多いですが、仕事の関係などで通学ができない人や自分のペースで学習を進めたい人は通信講座を利用しています。通信講座は場所と時間を選ばずに学習ができる反面、自分できちんと計画を立てて、添削問題の提出を含め、カリキュラムをきちんと守れるだけの意思の強さがあるかどうかが鍵となってきます。